arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

自然に近い姿の動物たちに出会える!
アドベンチャーワールド

2020.02.20

近畿エリアで動物好きなら誰もが知る、和歌山県・白浜の『アドベンチャーワールド』。動物が大好きなわが家は、年に数回訪れるお気に入りスポットです。醍醐味は、なんと言っても動物たちとの距離感が近く、身近な動物園では味わえない体験ができること。今回は冬休みを利用して日帰りで遊びに来てみました!

迫力満点のダイナミックなマリンライブ!

aws-s_02.jpg

まず足を運んだのは、イルカとクジラがトレーナーさんたちと一緒に繰り広げるマリンライブ。ジャンプしてボールにタッチしたり、フリスビーをキャッチしたりするイルカたちを見て「イルカって、かしこいね~」と息子も思わず感心。

トレーナーさんとの絆を感じるパフォーマンスには、大人でも胸にグッとくるものがあります。ショーのあとは水槽の真ん前からイルカをすぐ近くで見ることもできますよ。

もふもふのパンダたちにメロメロ

aws-s_03.jpg

アドベンチャーワールドのアイドルといえば、やっぱりジャイアントパンダ。いまは6頭のパンダファミリーの様子をすぐ近くでゆっくりと観察できます。今日、屋外に出ていたのは桃浜(とうひん)。笹をモグモグしたり、芝の上をコロコロ転がったり。可愛すぎてたまりません。

ランチもアニマル感たっぷりのプレートをチョイス

aws-s_04.jpg

ランチはサファリレストランJamboへ。こちらにはアニマル感満点で子どもが喜ぶメニューがたくさん! 息子は小さなハンバーグ付きの「トットプレート」、わたしはチーズのパンダさんがかわいい「煮込みハンバーグ」を。テーブルにはお絵描きができるランチョンマットとクレヨンが置かれているので、料理を待っている時間も楽しく過ごせます。

ペンギンたちがよちよち行進する姿に、胸キュン♡

aws-s_05.jpg

おなかが満たされたら、ペンギンでは最小と言われるフェアリーペンギンから、最大級のエンペラーペンギンまで、さまざまなペンギンを見ることがでる「海獣館」へ向かいます。この日はペンギンたちがよちよち行進する「ペンギンパレード」も開催されていました。見ているだけで「がんばれ!がんばれ!」と声援を送りたくなるほどキュート♪

草食動物たちがびっくりするほど目の前に!

aws-s_06.jpg

園内では一番奥にあるのがサファリワールド。ケニア号という列車タイプの車や、自転車やカート、ジープなどさまざまな方法で巡ることができ、有料と無料のものがあります。

子ども連れにおすすめなのは、まずはウォーキングサファリで草食動物ゾーンを堪能し、ケニア号で肉食動物ゾーンを含めて全体を巡るコース。草食動物はより近くでその姿を見ることができますよ。シマウマのかわいいお尻も目の前です!

キリンさんにテラスからごはんをどうぞ

aws-s_07.jpg

タイミングが良ければ、動物たちにエサをあげることができるフィーディング体験もおすすめ。キリンさんにあげたい!という息子の希望もあり、今日はキリンテラスにやってきました。

目の前にまで迫ってくるキリンの顔にちょっとびっくりしながらも、葉っぱをむしゃむしゃ食べるキリンに釘付け。長~いまつげを至近で観察することもできました。フィーディング体験はキリンのほか、アフリカゾウ、サイ、なんとライオンも! 先着順なので事前にチェックしていくといいですよ。

子ども向けのアトラクションもあるプレイゾーンも♪

aws-s_08.jpg

サファリを満喫したあとは、遊園地やふれあい広場もあるプレイゾーンへ。こちらでもカバやチンパンジー、カピバラ、ミーアキャット、コツメカワウソなどなど可愛い動物たちがたくさん見ることができます。観覧車やメリーゴーランド、ジェットコースターもあり親子で遊園地気分も楽しめて、一石二鳥!

aws-s_09.jpg

キリンの赤ちゃんが生まれていたり、パンダの成長を見ることができたり、訪れるたびに新しい出会いや発見が溢れていて、動物たちに癒される素敵なスポット。今回は紹介しきれていない動物やアトラクションもたくさん!

私たちも次の機会にはイルカのおやつタイムやライオンのフィーディングにもチャレンジしてみたいです!



アドベンチャーワールド



住所 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田
電話 0570-06-4481(ナビダイヤル)

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら