arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

家族みんなが自立して、ママの仕事を応援!

2020.05.12

杉山さんファミリー

六本木を拠点に、スカーフのようなカメラストラップ「サクラスリング」を製造・販売している杉山さくらさんは、ご主人と高校2年生の男の子、中学3年生・1年生の女の子の5人家族。
杉山さんは保育士から転身して起業をし、そこには子育て経験が活かされているそうです。
杉山さんのお仕事とご家族とのコミュニケーションの取り方についてお話をお聞きしました。

ベビースリングがストラップ開発のヒントに

200402tera.045.jpg

元々は保育士さんだったのですか?

はい。以前は保育士として勤務していて、22歳で結婚し、23歳から5年のうちに3人の子どもを出産しました。保育園に子どもたちを通わせ始めたとき、ハッとしたことがありました。周りのママ友達が、自分のできること、やりたいことで仕事をしている人が多かったんです。長男が小学校に入り少しずつ子どもに手がかからなくなってきた時、「保育士という仕事は天職だと思っているけれど、もし自分もママ友達のような生き方をするとしたら何ができるだろう?」と考え始めました。

200402tera.099.jpg

サクラスリングを開発することになったきっかけを教えてください。

写真家の友人がいた影響もあり、写真で何かをしたいと思い、毎日カメラを持って写真を撮り始めました。カメラを長時間持ってみて初めてわかったのですが、とにかくカメラが重い。肩にかけていると、細いストラップが当たって痛いので、布をストラップの代わりに使ってみたらとても楽だとわかったんです。布って一つ手元にあると、包むことも、拭くことも、保護することもできて便利なんですよね。
周りのカメラ愛好家にもオススメし始めたのですが、私自身も最初は布でカメラを持つことに確信が持てないでいました。

そんな時、昔育児で使っていたものを思い出したんです。「ベビースリングでは布で10kgもの子どもを抱っこしていた!だから大丈夫だ!」と。その時「あぁ、私これで起業するんだ」と確信して、ミシンで作り始めました。周囲の協力もあり、半年の構想を経て、2014年にサクラスリングが完成。写真で何かできればと思っていましたが、このような形で起業するとは自分でも驚いています。

毎年夏は家族みんなで八ヶ岳へ!

200402tera.121.jpg

家族で大事にしているイベントはありますか?

子どもたちが大きくなってきても毎年続けている行事が一つあります。それは、毎年夏に八ヶ岳に旅行すること。10年以上続いていて、高校2年生の長男もこの旅行だけは付いてきてくれます!コテージでBBQをしたり、牧場に行ったり。都心に住んでいるので、たまには自然の中で家族と過ごすことを大切にしています。

家族とのコミュニケーションはSNSを活用

200402tera.112.jpg

仕事と家庭の両立はどのようにしていますか?

家族はLINEで繋がっているのと、子どもたちはもう自分で一通りのことができるので、仕事で外出していても困ることはありません。主人は私の仕事の状況を、Facebookで知ります(笑)。家族の予定はTimeTreeというアプリを使って共有しているので、今誰が何をしているか一目でわかるので便利です。
家事や料理は、元々主人が得意ですし、私が仕事で忙しくなっても、家族みんなが私を頼ることなく、自立して家事をしたり家事を協力してくれるので、私も家事のプレッシャーを背負うことなく自由にお仕事ができています。
私が好きなことで仕事をしているので、将来子どもたちにも自分の好きなことで何かをしてほしいですね。

ファッションは自己表現ツールのひとつ

200402tera.073.jpg

お子さんと一緒にショッピングすることはありますか?

私と娘はほぼ背格好が似ているので、洋服をよくシェアしています。ショッピングも親子でよく行きますし、お店では「これだったら娘も着られるかな?」という視点で洋服を選ぶこともあります。同じ洋服を着ても、それぞれの好みで小物をアレンジするので違う雰囲気に着こなせたりするのが面白いですね。

仕事で着る服を選ぶ時のポイントはありますか?

仕事でサクラスリングを販売したりイベントをする時は、その場所に応じたファッションを心がけています。
たとえば百貨店で販売する場合は、お客様に目を留めてもらいやすいように、モード系のカタチや色合いが奇抜なファッションにしたり。カメラのメーカーさんにお会いする時はそのブランドのコーポレートカラーを取り入れたり。お会いする相手に対する気持ちをファッションで表現したいと思っています。

杉山さくらさんのインスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/sakura_camera_sling/