arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

こんなに遊べてお財布にも優しい♪
とだがわこどもランド

2018.07.02

お天気のいい休日。「日曜だし、ちょっとどこかお出かけしようか?」という提案に、「行く行く!」と娘も目をキラキラ。今回は、前々から気になっていた「とだがわこどもランド」へ行ってきました。

好奇心をかき立てる巨大な木製遊具

todagawa-kodomoland_02.jpg

駐車場を出て少し歩くと、娘が先に何かを発見。「面白そうなの見えてきた!」。さらに近づいて行くと、この施設のシンボルともいえる大きな木製遊具がドーン! と登場。「楽しそう〜。行ってくるね」と娘は遊具に吸い込まれるように走って行きます。

ロープで斜面をよじ上り、ジャングルジムのような場所に迷い込む娘。「このトンネル、どこに続いてるの?」と、どんどん奥へ。迷路のような巨大遊具にすっかり夢中です。

子ども自身が遊びを考えられる仕掛けがあちこちに

todagawa-kodomoland_03.jpg

巨大な遊具には至るところに"遊び"が。これは三角形のパーツがクルクル回る仕組みのもの。娘は「まず見本見せるね!」とすべてのパーツをうさぎに変えています。ビンゴのような遊び方もできるし、楽しみ方は子どもの発想次第ですね。

いざ、行列のできるローラー滑り台へ!

todagawa-kodomoland_04.jpg

「ローラー滑り台」は、たくさんの子どもで賑わっていました。その様子を見てか、絶叫系が苦手な娘も「ママ! あたしこれやりたい!」と積極的。とはいえ、いつもの公園の滑り台とはちょっと違うな、とスタート地点で気づいたのか、急に弱気になってちゃっかり私の膝の上にスタンバイ。「ゆっくりよろしくね」と言うので、まずはスロースタート。

2回ほど滑ってスピードに慣れてきた娘は「もう一回やる! いっぱいやる!」とかなり気に入った様子で、トータルで7、8回滑りました。ママ、お尻痛い...。

この日は常に6、7組の行列ができていましたが、案外すぐに順番が回ってきました。

ドライバー気分でGO GO! 足踏み式ゴーカート

todagawa-kodomoland_05.jpg

続いては「足踏み式ゴーカート」にチャレンジ。スワンボートの要領で両足を動かすと前に進みます。

娘「...うまくできないよー」

私「大丈夫、頑張れ!」

かなり手間取っていたので、後ろから押してあげました。まっすぐ進めなかったり、カーブでうまく曲がれなかったりと苦戦していましたが、黙って頑張る姿がなんだか健気...。

ペダルを漕ぎづらそうにしていたので、4歳ではちょっと早かったかも? 「次に来たらまた頑張る!」という娘のガッツ溢れる言葉に救われました。

上からヤッホー!鳥になった気分

todagawa-kodomoland_06.jpg

ちょっとだけしょんぼりしてしまった娘を誘って、「サイクルモノレール」へ。

一緒に来ていたパパと優雅な空中散歩です。ペダルを漕ぐパパに、娘は下を指差して話しかけていたので、さっきまで遊んでいた遊具を見付けたのかも。のどかな景色も見えて、大人にも人気みたいですよ!

お待ちかね!木陰のベンチでランチタイム♪

todagawa-kodomoland_07.jpg

この日はお弁当を持って行かなかったので、芝生広場近くのレストハウスで調達。ここは土日祝日だけの営業のようですが、たこ焼きやポテトなどのテイクアウトメニュー、オムライスやカレーなどのイートインメニューがあります。ちょうどこの日はお店の前に臨時の売店が出ていて、手作りのおにぎりを売っていました。中身はなんと唐揚げ!(ちなみに売店はいつでも出ているわけではないのでご注意を)

食べる場所に選んだのは木陰にあった木のテーブル。2箇所ほどありましたが、偶然空いていてラッキーでした。芝生広場の木陰にもテーブルや椅子が設置されているので、そちらを利用するのもおすすめです。レジャーシートを敷いて気ままに過ごすのもいいですね♪

この日の大本命!じゃぶじゃぶ池で水遊び

todagawa-kodomoland_08.jpg

午後。かなり陽も高くなり気温が上がってきたので、施設のほぼ中央にある「じゃぶじゃぶ池」へ。

「入ってもいい? やった〜!」と大喜びの娘は、じゃぶじゃぶ池に到着するなりすぐに靴を脱いで駆け出して行きました。「冷たいよーっ! ママも早く来て〜!」と、この日一番の笑顔。

周囲にはウッドデッキがあり、大人はここに座って子どもを見守ることができます。

「ママー、滑り台もやってくる!」

さらにテンションの上がった娘は、富士山をかたどった滑り台へ。滑るたびに水しぶきが飛んで、かなり楽しかったみたいです。

我が家は着替えを持って行きましたが、水着や水遊び用オムツで入ってもOK。オムツや全裸での利用は禁止されていますので、気をつけてくださいね!

遊びのシメはターザンの特訓!?

todagawa-kodomoland_09.jpg

水遊びを堪能して帰り支度をしていたところ、「じゃぶじゃぶ池」の近くにターザンロープを発見。「できるようになったよ! 見て〜」と3往復する娘。少し前までは上手にできなかったのに、ターザン姿もすっかり様になったなぁ...。

このほか、敷地の真ん中あたりにはホールや図書室のある建物があります。こちらも無料で開放されていて、日によっては工作体験もあるみたいなので、日差しの強い日や雨の日には屋内で過ごすのもいいですね♪ ぜひ気軽に出かけてみてください。



とだがわこどもランド



住所 愛知県名古屋市港区春野町1-3616(農業文化園・戸田川緑地内)
電話 052-304-1500

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら