arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

ユニークな乗り物で山上へ!
気軽に大自然と絶景を楽しめる須磨浦山上遊園

2018.07.17

子どもを大自然で遊ばせてあげたい。ただし、気軽に、ラクして...。というワガママな願いをかなえてくれるスポットが関西近郊にありました! 駅近で、普段着で山上まで行けて、海まで見られる! そんな素晴らしい遊び場が、今回訪れた「須磨浦山上遊園」です。

空中散歩♪ 緑と海を見渡すロープウェイ

sumaura-yuen_02.jpg

出発点は山陽電鉄・須磨浦公園駅すぐ隣のロープウェイ乗り場。ここを出発点に、さまざまな乗り物に乗って山上を目指します。まずは「須磨浦ロープウェイ」に乗車。ぐんぐんと進む前方を見ると山の青々とした緑、振り返ると瀬戸内海に大阪湾。もうすでに気分爽快です!

息子もはじめて乗るロープウェイに興奮気味。ゴンドラの先頭を陣取って、食い入るように外の景色を眺めていました。ロープウェイが到着するのは「鉢伏山上駅」。ここから歩いてすぐの、「東部展望台」からでも十分眺めはいいのですが、さらに上を目指します!

名物「カーレーター」。日本で乗れるのはここだけ!?

sumaura-yuen_03.jpg

次に乗車したのは、噂の「カーレーター」。聞きなれない名前なのもそのはず。「カー」(車)とエスカレーターの「レーター」を合わせた造語で、現存するものでは日本で唯一と言われているそうです。特徴はなんといっても乗り心地の"悪さ"! ベルトコンベアの急斜面をゆっくりと登るごとに、ボックス型の座席にガタガタと強い振動が伝わります。

息子の乗り物酔いを心配し、「大丈夫?」と尋ねましたが「おもしろい!」との返答。乗車時間は3分少しなので、激しい揺れも苦にはなりませんでした。

sumaura-yuen_04.jpg

カーレーターを降りたらすぐ、「回転展望閣」が目の前です。ここは後で来ることにして、私たちはまだまだ上を目指します! 次は観光リフトです。こちらはスキー場などでよく見る一人乗り用リフトのようなもの。基本は一人乗りですが、3歳未満の子どもに限り、抱っこバンドで大人と一緒に乗車できます。

ミニカーで爽快ドライブ!

sumaura-yuen_05.jpg

リフトの終着駅、「はりま駅」の近くには、さまざまな遊びスポットがあります。まずは、「ミニカーランド」へ。子どもが大好きなキャラクターや動物のミニカーがたくさん並びます。息子は迷わずアンパンマンへ(笑)

保護者も隣に乗ってサポートできるので安心です。ぐるりとコースに沿って運転すると、南側の木々の間から青い海がのぞきます。アンパンマンカーで海を見ながらドライブができるなんて、素敵! アンパンマンの音楽に合わせて歌いながら上機嫌の息子でした。

カラフル、わくわく、チビッコ広場

sumaura-yuen_06.jpg

ここからは山上を散策しながら、次のスポットを目指します。いくつかの道に分かれた遊歩道を歩くと、自然をめいっぱい感じられます。息子も、珍しい蝶や花を発見しては指差して教えてくれました。いつも以上に目をキラキラさせて「探検、探検!」と張り切っていました。

そうしているうちに着いたのが、「チビッコ広場」です。段々になった遊び場に、カラフルでユニークな遊具がたくさん。息子も次はこれ、その次はあっち、と大興奮です。特にお気に入りだったのが、大きなヤドカリを模した遊具。ところどころ穴があり、そこから顔を出したり、出入りしたりしてキャッキャと盛り上がっていました。

噴水と景色を眺めながら、BBQはいかが?

sumaura-yuen_07.jpg

チビッコ広場から下っていくと、広々と視界が開けた「ふんすいランド」に到着。涼しげに噴きあがる水しぶきの奥には、青い海が望めます。「バーベキューテラス」もあり、何組かのファミリーが楽しんでいました。前日までの予約が必要ですが、手ぶらでこの景色の中バーベキューができるのはうれしいですよね。

床が自動で回転! 360度の景色が楽しめる喫茶室

sumaura-yuen_08.jpg

最後は、須磨浦山上遊園のシンボルとも言える「回転展望閣」へ。下りのリフトを降りたらすぐ見える、円形の建物です。1階は無料休憩所、2階はゲームコーナー、3階は回転展望喫茶、屋上は展望スペースです。

私たちは3階の回転展望喫茶「コスモス」で、昼食をいただきました。「回転展望」と名のとおり、飲食スペースの床が360度ゆっくり回転するから、東の大阪湾・神戸空港も、西の淡路島・明石大橋もどの席に座っても眺めることができるのです。子ども専用メニューはありませんが、子ども用の食器を貸していただけるので、注文した大人の食事を取り分けることができました。

sumaura-yuen_09.jpg

屋上の景色はこれまた絶景です! 床は動きませんが、こちらも360度景色を楽しむことができます。この日はお天気が良かったこともあり、淡路島だけでなく、小豆島までも見渡せました。ゆったり食事しながら見る景色、青空のもと風を感じながら楽しむ景色、それぞれ違った趣がありました。

大自然の中で乗り物と景色と遊びを楽しめる須磨浦山上遊園。坂道が多いので自分の足でしっかり歩けるようになったお子さんとのお出かけにおすすめ。履きなれた靴と動きやすい服装で訪れてくださいね♪



須磨浦山上遊園



住所 兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町5丁目3番2号
電話 078-731-2520

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら