arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

三輪車や自転車、ゴーカートも楽しめる!
親子で交通ルールを学べる杉並児童交通公園

2018.12.21

保育園の園庭では三輪車を乗り回しているという3歳の娘。でもマンション住まいの我が家の近くには、三輪車で遊べるような安全な場所もなく、休日は乗り物系をガマンしてもらっています。そこで、都内で乗り物を思う存分楽しめる場所を探してみたら、うってつけの公園を発見! その名も「杉並児童交通公園」です。

レンタルはすべて無料!幼児コーナーでは自転車に挑戦

suginami-kotsu-koen_02.jpg

公園内ではいろいろな自転車でサイクリングを楽しむことができます。しかも乗り物レンタルはすべて無料! 休日はとても混み合うようなので、平日の午前中に行ってきました。

3歳になったばかりの娘は、まずは3歳以下の子ども専用の「幼児コーナー」へ。ここには三輪車のほか、補助輪付きの自転車やコンビカー、ペダルカーなど、幼児向けの乗り物が勢ぞろい。

suginami-kotsu-koen_03.jpg

大好きな三輪車でウォーミングアップした後は、はじめての補助輪付き自転車に挑戦。道路のスレスレを走り、たびたび縁石に乗り上げそうになるので母がサポート。しかしトラックを何周かするうちに、カーブも上手に曲がれるようになりました。

クルマ好きの憧れ!? かっこいいペダルカーも!

suginami-kotsu-koen_04.jpg

「幼児コーナー」には、本物さながらのペダルカーも。娘は今まで体験したことのない乗り物に、乗り込む前から思わず笑みがこぼれます。「終わったらきちんと駐車場に止めようね」と声をかけ誘導してあげたら、お片づけもバッチリ。

足こぎが意外と難しい! 親子で楽しいゴーカート

suginami-kotsu-koen_05.jpg

ひそかに私が楽しみにしていた、二人乗りのゴーカート。右側に子どもを乗せ、保護者がハンドル操作と足こぎで運転します。しかし足こぎが意外と難しく、「......なかなかすすまないねぇ〜」と娘につぶやかれる始末。

なんとかコツをつかみ、地面に「ゴーカート」と書かれた道を信号や標識を守りながら走ります。運動不足の私の足は翌日しっかり筋肉痛になりましたが、娘と隣り合って風を切る体験は普段味わえないので、とってもいい思い出になりました。

子どものためのミニ道路。信号を守って、横断歩道を渡ろう

suginami-kotsu-koen_06.jpg

園内の道は信号も標識も一般道路さながら。移動の際はきちんと信号を守り、手をつないで横断歩道を渡ります。ドライバーとして信号の見方や「指定方向外進行禁止」などの標識についても学ぶことができるので、一人で自転車に乗れる頃になったら絶対にまた来よう! と数年先のことを心に決めました。奥に見えるは、園内のシンボルとも言える「ミニ東京駅」。

suginami-kotsu-koen_07.jpg

赤レンガ造りでレトロな雰囲気がなんともいい感じ。内部の階段を上ってテラスから園内を眺めると、たくさんの木々が目に入りました。新緑や紅葉の季節になると、ますます気持ちが良さそうです。

ドーンと存在感のある、本物の蒸気機関車

suginami-kotsu-koen_08.jpg

さすがは交通公園、園内には本物のD-51型の蒸気機関車も設置されています。娘は正面に立つと、ポカンとした表情で見上げていました。真っ黒で大きな車体に圧倒されている様子。運転席に入ることもできるので、SL好きの子は大興奮しそう。

公園内にはたっぷり体を動かせる大型遊具も!

suginami-kotsu-koen_09.jpg

思う存分乗り物を満喫した後は、園内にある大型遊具やすり鉢状の滑り台でひと遊び。わりとスリルのある遊具なので、私もそばについて一緒に楽しみました。このほか、ブランコやお砂場もあり、通常の公園としても十分に楽しめそうです。

敷地内に駐車場はないけれど、阿佐ヶ谷駅や浜田山駅から乗れる乗り合いバス「すぎ丸」のバス停から徒歩3分なので、アクセスもまずまず。近隣にランチができるお店などはないので、次回はお弁当を持参してたっぷり楽しみたいところ。娘の自転車の運転技術の段階に合わせて、この先も折にふれて遊びに行きたいと思います!


杉並児童交通公園

住所 東京都杉並区成田西1丁目22番13号
電話 03-3315-4564

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら