arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

本能のまま、のびのびと遊べる!
木の室内創造あそび場 感性の森

2018.06.18

車や電車が大好きな息子は、走り回るよりもじっくりと座っておもちゃを並べたり転がしたりがほとんど。大きな公園に行ってもなかなか遊具に近づかないのが悩みの種。

自然と興味がわいて、動き回れるようなところで遊ばせたい! そう思って向かったのは、木の室内あそび場「感性の森」。

ここは木製のおもちゃと遊具のみ。電動のおもちゃや機械仕掛けの乗り物、派手なキャラクターなど一切ないんです。子どもに備わっている「感性」を引き出し育む、新感覚のあそび場なんです。本能のまま、自由にのびのびと遊んできました。

自然木の積み木で運転手さんに!

kanseinomori_02.jpg

受付を過ぎるとすぐ「Forest zone」という広いメインフロアに出ます。足を踏み入れた瞬間に感じたのは、本当にナチュラルな木だけ! 「広~い!」と興奮しながら、まず息子が向かったのは、「つみき」コーナー。

天然木の積み木がたくさん! 丸や四角、棒状など、さまざまな形の積み木がなんと5500ピースあるんだとか。自分の背丈以上に積み上げていている小学生もいました。

kanseinomori_03.jpg

「出発進行~♪」丸い木をハンドルに見立てながら、電車の運転手さんになりきる息子。かなり長い時間、運転を楽しんでいました。

ハンドルの形でもないし、カラフルな色付きでもない自然の「木」。想像力でこんなに集中して遊ぶ息子の姿を見て、「本能のまま『感性』を磨くってこういうことなんだ」と実感しました。

小玉の湖で水泳体験!?

kanseinomori_04.jpg

次に向かったのは、メインフロア奥の「Lake zone」。木玉が敷き詰められている中に、木製のすべり台、奥には小屋があって「湖畔の森に遊びに来た!」というイメージの場所です。

「ボールがいっぱい!」と息子もワクワク顔♪

木玉の湖は、深さが30センチくらいあって、意外と深め。ゴロンと寝転がってみたり、泳いだりもぐったり! いろいろな遊び方ができるんです。ちなみに木玉は9つの樹種から作られていて、木の感触や色が違うことを感じることもできるんだとか。

「さあ息子よ、存分に泳いでくれ!」と意気込みましたが、端の方で木玉を転がし始めました(苦笑)。木玉をよく見ると、きれいな真ん丸ではなく、長丸や四角気味の丸なので、転がすたびに軽く跳ねたり、まっすぐ転がらなかったりするのが息子のツボにはまったようです。

ひとしきり転がしてから、恐る恐る木玉の湖に足を踏み入れる息子。「あるきにくいよ~」と必死にバランスを取りながら遊んでいました。私も軽く足を入れて立ってみたところ、足ツボマッサージのような刺激が(笑)。これは大人の健康にもいいかもしれない!(笑)

楽しみながらも度胸試し!?

kanseinomori_05.jpg

いよいよメインフロア「Forest zone」にある「いわば」に。ここには大きなすべり台や階段、段差があって人気の高いエリアだそうです。普段、大きな遊具に自分から近寄らない息子は、周辺の階段から遊び始めます(笑)。

「一緒にすべろうか?」と誘うものの「怖いからダメ!」と拒否されてしまいましたが、すべり台を下から上り、すべって落ち、を繰り返し、なんとか登頂していました。

kanseinomori_06.jpg

すべり台の裏側には板を乗せただけの橋があり、怖くて渡れずに動きが止まりました。息子にとって「感性の森」一番の難所です。どうするかな? と思いながら見守ると(なんと約7分後に)、歩いて渡り切りました!

いつもなら「だっこ~!」と甘えるのですが、度胸がついたと感じたひと時でした!

絵本も充実! ひと休みのつもりが読書に夢中!!

kanseinomori_07.jpg

動き回ったので、少し休憩しようと向かったのは「えほん」コーナー。選りすぐりの絵本や図鑑などを、約300冊置いているそうです。

ひらがなが読めるようになった息子は、興味津々! パンダの絵本を集中して読み始めました。元気いっぱい走り回ってほしいと思いながらも、アクティブな性格ではないので、遊具で長時間遊ぶ集中力はない息子。「えほん」や「つみき」などの、じっくり取り組むタイプのコーナーがあるのはうれしいです。

起伏のあるあぜみちをひたすら回る!

kanseinomori_08.jpg

最後に「つみき」コーナーの隣にある「あぜみち」へ。慎重派(怖がり!?)な息子は、ハイハイで挑みます。歩いても大丈夫な高さなんですけどね(苦笑)。

ぐるぐると起伏のあるサークルをハイハイで回り、慣れてきたころにやっと立ち、小走りまでするように! 動き回る遊具では、この「あぜみち」が一番気に入ったみたいです。「帰るよ~」と声をかけても「まだあそぶ~!」となかなか離れませんでした。

樹木の自然のままの姿を活かした「感性の森」。想定以上に息子が動き回っている姿を見られたこと、度胸が付いたな! と感じられたことが、うれしかったです。

自然の素材でおもちゃを作ったり、オリジナルバックを作ったりなど、ワークショップも開催しているので、次回は参加してみたいと思っています。ぜひ、次の休日には出かけてみてくださいね。



木の室内創造あそび場 感性の森



住所 宮城県仙台市青葉区錦ケ丘1-3-1錦ケ丘ヒルサイドモール2F
電話 022-399-6511

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら