arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

花と緑いっぱいの園内は広々
室内遊びも充実で大満足の、デンパーク

2018.12.12

最近ブランコや滑り台など、お外で遊ぶことが大好きになってきた我が子。のびのび遊べる場所はないかな...と探していたときに見つけたのが愛知県安城市にある「デンパーク」です。デンパークは安城市の郊外に広がる農業公園。この春から新しい遊具や施設も増えたという情報も聞き、キレイな遊具で楽しめそう。子連れで訪れるのは初めてなので、どんなふうに過ごせるのか期待しながら出かけてみました!

カラフルで刺激的! ボーネルンド公式の室内遊び空間

denpark_02.jpg

まずは新しくオープンした施設がある風車の広場へ。ここには玩具メーカー「ボーネルンド」がプロデュースした木製遊具と室内施設「あそボーネ」があり、幅広い子どもたちが遊べる場所になっています。カラフルな遊具が気になったので、まずは「あそボーネ」へ。どの遊具もカラフルで、色でも子どもたちを刺激し、遊びの意欲を高めてくれそう。平日なら、大人も子どもも時間制限なしで利用できるのがいいですね。

denpark_03.jpg

キッチンやレジなどが並ぶおままごとのコーナーもあり、コックさんやお店屋さんごっこを楽しめます。我が子は最近大好きなイチゴを鍋に入れ、ホイッパーで「まぜませ~」。イチゴジャムでも作っているつもりかもしれません。年齢に応じていろいろな楽しみ方ができそうです。

denpark_04.jpg

アクティブに遊べるコーナーでは巨大な円柱の遊具を発見。中に入るだけでも何だか楽しそう♪

大きな子は中で歩いて、ハムスターのようにぐるぐる回って楽しんでいました。クライミングウォールや大きなソフトブロックもあって、大きくなったらこちらも楽しそうです。

温もりたっぷりの木製遊具で大はしゃぎ

denpark_05.jpg

ボーネルンドがプロデュースする遊具は屋外にもあって、風車の広場には2・3歳でも楽しめる小さな滑り台や汽車の乗り物がいろいろありました。高いところが大好きな我が子は、滑り台に何度も登って大はしゃぎ。たまに頭から滑り落ち、上着から靴までしっかり汚れていました...。お着替えは必須ですね(笑)

denpark_06.jpg

さらに子どもたちの人気を集めていたのが、長さが50m以上あるという滑り台「スカイスライダー」。見晴らしいのいい場所から滑っていくので、気持ちよさそう。大人と一緒ならば3歳から楽しめるので、ぜひ今度はチャレンジしてみたいです。

お花いっぱいの温室の中に、キッズコーナーを発見!

denpark_07.jpg

デンパークには巨大な温室があり、その中にはショップやカフェもあって、寒さや暑さを気にせずのんびり過ごすことができます。季節ごとのデコレーションもされていて、フォトスポットとして子どもたちの写真を撮影している人を多く見かけました。

さらにここでレゴブロックのお部屋も発見。広々とした空間にレゴが山積みになっていて自由に遊ぶことができます。

小高い丘の上に見つけた、森の中に迷い込んだような場所

denpark_08.jpg

再び外に出て、今度は園内中央にある丘へ。雑木林が広がるこのエリアは、自然がいっぱいで、見晴らし台などもあり散策にぴったりです。垣根を張り巡らして作った迷路もあり、2歳の身長だと本当に周囲が見えません。枝に引っ掛かりながらも、目を輝かせて行ったり来たり。探検気分を楽しんでいました。

芝生広場やベンチがあるので、お外で食事も楽しい

denpark_09.jpg

園内にあるベーカリーで真っ赤なかわいいリンゴパンを見つけたので、芝生の広場で休憩&おやつタイム。ほかにもショップやレストラン、焼き立てを楽しめるテイクアウトショップなどがあり、お土産も充実していました。

denpark_10.jpg

園内はかわいい汽車の形をした周遊バスが運行しています。幼児は無料で乗ることができるので、こちらを利用しても楽しそうですね。私たちは入口にあった無料レンタルのベビーカーを利用したので、疲れたときにはこれで移動できて助かりました。

デンパークはお花がいっぱいなので散策するだけでも楽しいですが、12月~1月は毎年イルミネーションもあり、営業時間が延長しライトアップも楽しめるそう。季節ごとにさまざまなイベントを開催しているので、いつ訪れても楽しい体験ができそうです!


安城産業文化公園デンパーク

住所 愛知県安城市赤松町梶1
電話 0566-92-7111

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら