arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

恐竜の遊具やアスレチックで楽しく遊べる!
茶臼山恐竜公園・自然植物園

2018.10.22

今回、5歳の娘と一緒に向かったのは、長野市の茶臼山にある「茶臼山自然園・恐竜公園」。山の中腹に実物大の"恐竜"がいくつも設置されていて、触ったり、体の中に入って遊ぶことができるんです。恐竜はちょっぴり苦手な娘ですが、ちびっ子に大人気のスポットということで行ってみました!

リアルに造られた恐竜たちにビックリ!

chausuyama_02.jpg

最初に私たち親子を出迎えてくれたのは、大きな角が3本も生えた実物大のトリケラトプス。恐竜に詳しくない私でもひと目で分かる有名な恐竜ですが、その大きさにはビックリ!
「トリケラトプスって、こんなに大きかったんだね~!」

しかし、肝心の娘はあまりの大きさに硬直状態。遠くから眺めるばかりで、なかなか近づいてくれません。

ふと斜面の上の方に目をやると、今度は森の中から睨みつけるように立つティラノサウルスの姿が! これは大人の私でもコワい!!

「キャー!」

案の定、娘は走って逃げていってしまいました......。

「こんな調子で、本当に楽しめるのかなぁ?」

不安に思っていると、今度はカラフルな恐竜が出現。

「わぁ、きれい! この恐竜さんとなら、仲良くできそう♪」

chausuyama_03.jpg

眺めるだけでなく、中に入って遊べる恐竜もたくさんありました。娘はというと、カラフルな恐竜に触ったり、おなかに開いた穴から顔を出したり、しっぽのすべり台で遊んだりするうちに、恐竜に対する恐怖心も少しずつ薄れていったよう。途中からは、人が変わったように「この恐竜さんは草食? 肉食?」とたずねてきたり、熱心に看板を眺めては一生懸命名前を覚えていました。

chausuyama_04.jpg

園内には恐竜のほかにも遊具がいくつも置かれた広場が点在。敷地は広大ですが、遊びながらなので楽しくまわることができます。ゆらゆら揺れるロッキング遊具やシーソーなど、小さな子どもでも楽しめる遊具もたくさんありました。

chausuyama_05.jpg

「ママ~! 長いすべり台を見つけたよ~。こっち、こっち! 早く~!」

興奮して走っていく娘をよそに、息も切れ切れ、序盤にしてすでに涙目の私。この公園、斜面にあるので、とにかく坂がキツいんです......。履き慣れた靴と帽子、飲み物の用意は必須。荷物は軽めにしてお出かけするのが正解です(苦笑)。

ちなみに、子どもに大人気のこちらの長~いローラーすべり台。園内に全部で3つあるので、ぜひ見つけて楽しんでくださいね。

自然いっぱい! 昆虫や植物の観察も楽しめちゃう♪

chausuyama_06.jpg

自然豊かなこちらの公園。お出かけをした日は9月だというのに、まわりの森からはいろいろなセミの声が聞こえていました。

「あ、この声はツクツクボウシだね! あっちはミンミンゼミ!」

「きれいなちょうちょが飛んでいるよ!」

「うわー! きのこがいっぱい生えているよ」

道ばたに咲く野の花を摘んだり、ドングリを拾ったり、バッタを観察したり。これでもかというぐらい、自然遊びも満喫していました。

chausuyama_07.jpg

途中、遊具で遊びながらてくてく坂道を歩くこと1時間以上。気づけば、こんなところまで登ってきていました!

「ヤッホー!」と大声で叫ぶ娘。街がとても小さく見えます。

季節ごとにきれいな花が楽しめる自然植物園

chausuyama_08.jpg

「茶臼山恐竜公園」を抜けた先は「茶臼山動物園」と「茶臼山自然植物園」につながっているのですが、この日は植物園にGO! 時期的にお花は少なめでしたが、黄色いヘリアンサス(宿根ヒマワリ)の花がきれいに咲いていました。春は藤のトンネルが見事なんだそう。今度はまたその時期に来てみたいな!

chausuyama_09.jpg

植物園に来た目的は、こちら「冒険の森」のアスレチック! 名前のとおり、森の中にあるのですが、遊歩道から見えていた以上にたくさんの遊具があって驚きました。なんと1ヘクタールの森の中に33点もの遊具があるのだとか。この場所だけでも、十分楽しむことができます。

「よーし! 次はこっちで修業をするぞ!」

ひととおり"修業"を楽しんだところで、残念ながらタイムアップ。17時には閉園してしまうので、来た道を急いで戻らなければいけません。

chausuyama_10.jpg

この日は駆け足でまわりましたが、恐竜公園の入り口から自然植物園内にある冒険の森までは所要約2時間、下りは1時間弱で帰ることができました。遊具やアスレチックでたくさん遊んだり、動物園にも立ち寄れば、丸1日楽しむことができそうです。

今度はもう少しゆっくり過ごすつもり!

初めこそどうなることかと思いましたが、帰る頃には、苦手だった恐竜さんともこんなに仲良くなれました!



茶臼山恐竜公園・自然植物園



住所 長野県長野市篠ノ井岡田2358
電話 茶臼山恐竜公園026-293-5167(茶臼山動物園)、自然植物園026-214-8719(ながの緑育協会)

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら