arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

見て!学んで!味わって!体験もできちゃう!
鐘崎 かまぼこの国 笹かま館

2018.10.12

ショッピングモールや公園と、おでかけがマンネリ化してきた近頃。学びの秋だし、3歳の息子でも楽しみながら学べるころは...と思い選んだのは「鐘崎 かまぼこの国 笹かま館」。笹かまぼこの工場見学や手焼き体験、ギャラリーもあるんだとか。「かまぼこ工場行く?」と聞くと「うん! 食べる!」と即答の息子。笹かまぼこは息子の大好物なんです。

魚にタッチすると名前が! 楽しみながら工場見学

belle-factory_02.jpg

いよいよ工場見学。3歳の息子にはまだ早いかな? と思ったけれど、せっかく来たからには(私が)見たい! でも心配無用でした。

海中のアニメーション映像が壁一面にあって、魚にタッチすると名前が飛び出す仕掛けが。最近文字を読むことが楽しくてしょうがない息子は、浮かび上がる名前に大興奮! 「スケトウダラ」「グチ」「イトヨリ」など、笹かまぼこに使われている魚を知ることができるんです。かなり気に入った息子は、次の説明になかなか向かわせてくれないほど夢中に(汗)。

belle-factory_03.jpg

「笹かまぼこ」の歴史や、できるまでの工程、工場のラインなど、説明をしながら見ていきます。名前の由来になった植物の見本を息子に持たせてくれたり、実際に工場に入る前に行っている手洗いを実践してみたり、子どもが飽きないように工夫してくれるんです!

belle-factory_04.jpg

最後のクイズに正解すると、工場で焼きあがった出来立ての「笹かまぼこ」が食べられます。あたたかくてふんわり食感でおいしかったです! 鐘崎の「笹かまぼこ」は保存料や化学調味料など一切使っていないそう。安心して食べられるのはうれしいですね。

カラフルな影絵でメルヘンの世界へ

belle-factory_05.jpg

工場見学の後は「藤城清治メルヘンサロン」へ。幅15メートルの大きな影絵には、2300匹の魚がいるんだとか。これをすべて手で切り抜いているなんて...すごい! 息子は「イトヨリ!」とか「キチジ!」と、さっきの工場見学で学んだ知識をしっかりと披露。うれしい成長です(親バカ)。

暗い室内に浮かび上がる影絵に、ワクワク顔で楽しんでいました。藤城清治さんの影絵は、小さい頃からいろんな場所で目にしたことがあるので、私にはメルヘンで、どこかノスタルジックな気分に浸れる空間でした。

お願いごとし放題!? 繊細で優雅な七夕飾りを満喫

belle-factory_06.jpg

次に向かったのは「笹かま館」の隣にある「七夕ミュージアム」。東北三大祭の中で、青森のねぶたや秋田竿燈祭は、にぎやかでダイナミックな動きがあるけど、仙台の七夕は「静」のお祭り。その分、願いや想いがこもっているんです。短冊や吹き流し、折り鶴など、なくてはならない「七つ飾り」の説明もあります。七つ飾りがどこにあるか探しながら見るのも楽しみのひとつ。

belle-factory_07.jpg

そんな想いとは裏腹に「(ここに来たら)毎日お願いごとできるね」と無邪気な息子。もう少し大きくなったら、飾りに込められた願いを教えながら、ここの「仙台七夕飾り手づくり体験」をしてみようと思います。

自分で焼く笹かまぼこは格別! 熱々でプリプリがたまらない!!

belle-factory_08.jpg

次は「笹かま手焼き体験」に挑戦! 竹串に刺さった笹かまぼこを見るなり息子は大興奮! 焼き色がつくまで5分くらい待ちます。早く食べたいけれど、我慢...(笑)。待ちきれず、何度も焼き色を確認する息子。

belle-factory_09.jpg

両面にこんがりと焼き色がついたら完成! 熱々の笹かまぼこは、ふっくらプリプリで、あっという間に完食です。手焼き体験のほかに、すり身をこねたり、型に入れ込んだり、本格的に手づくりできる「笹かま手づくり体験教室」があります。これは、大人の付き添いがあれば5歳から参加できるので、大きくなったら挑戦しに行こうね♪

belle-factory_10.jpg

笹かま館内には、その日の朝に仕入れた魚を昔ながらの製法で、一枚一枚焼き上げるまでの工程を見学できる「かまぼこ塾」という鐘崎の創業当時の店舗を再現したお店があります。この日はなんと鯛! 大きさによっては数枚しかつくれないそうで、ここでしか味わえない極上のかまぼこを買うことができるんです。

残念ながらまだできあがっていなかったので、おみやげコーナーで息子の好きなチーズ入りの笹かまぼこと、「大漁旗」という厚さ約1.8センチの大判の笹かまぼこを購入。おひたしや野菜炒め、お好み焼き、サンドイッチなど、笹かまぼこをなんにでも入れちゃう我が家。普段何気なく食べているけれど、歴史や原料などを知ることができて、大人も十分に楽しめました。しかも、手焼き体験以外は無料なのでお財布にもやさしい! 「ぷくちゃんキッチン」という食事するお店も併設しているので、1日中遊べちゃいます。次のお休みにぜひお出かけしてみてくださいね♪


鐘崎 かまぼこの国 笹かま館

住所 宮城県仙台市若林区鶴代町6-65
電話 022-238-7170

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら