arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

家族のしあわせは、食と身につけるものから始まる。

2018.08.08

家族をしあわせにする、和田家の食卓

ベストマザー賞を受賞された和田さん。日々、ご自宅で作る料理について、心がけていることを教えてください。

日々の料理を作る際、家族の顔や様子をよく見ますね。たとえば子どもが風邪気味だったら、免疫力を高める食材を使ったり。体調に配慮した素材を選びながら、素材の一番おいしい状態を引き出せるように考えています。それから、秋になって少し涼しくなったら温かいメニューに切り替えて、季節感を取り入れながら日々の献立がパターン化しないように心がけています。でも、あまり余裕がないときは、頑張りすぎないことも大切なんですよね(笑)。私はそんなに完璧ではないし、未だにベストマザー賞の受賞者が本当に私でいいのかな?と思っています。

interview_03-2.jpg

家族をしあわせにする料理について、義母の平野レミさんから影響を受けた点はありますか?

結婚当初、何ひとつ料理ができないところから助けてくれたのがレミさんなんです。ですから、9割方レミさんの影響を受けていますね。レミさんのレシピを作り続けるうちに、いかに少ない素材で簡単においしく作れるか...ということを考えられたレシピだということが、よく伝わってきました。「今日は疲れているから、ごはんを作るのがしんどいなぁ」というときでも、なんとかキッチンに立つ気力をくれるのが、レミさんのレシピのすごいところ。私も、ママの気持ちに寄り添ったレシピを開発したいですね。

家族に喜ばれる得意メニューは何ですか?

実は、名もない創作料理が多いので、それを聞かれると困るんですよ(笑)。冷蔵庫にあるものでパパッと作った料理ほど家族にウケるんです。それをレシピ化しようとしても、2度と再現できないような奇跡の組み合わせなんですよね。我が家では、秋になるとキノコの登場が増えます。たとえば、キノコと豚バラを醤油で甘辛く煮たものに、バターを落とした具だくさんのつけ汁を作って、冷たいそうめんをつけて食べるメニューは秋の定番です。初秋の季節には特におすすめですよ。

まずは大人が楽しんでいる姿を見せること

食育インストラクターとして、子どもたちに伝えていきたいことはありますか?

食育というと「何を教えるか?」とか「何を伝えていくべきか?」と、とにかく堅く考えがちですが、最近はそうではないことに気がついたんですよ。子どもたちは本来、食べ物に興味を持って生まれてきています。だから、私たち大人ができることは、子どもの前で食事を心から楽しむ姿を見せること。ですから、「おいしい!」「おなかいっぱい!」「しあわせ!」といつも口に出すようにしています。日々の実体験や、さまざまなところで得た知識を集結して、子育て世代のママたちに気軽に学んでもらえるようなセミナーをいつか企画できたら...と思いますね。

interview_03-3.jpg

秋は、子どもの創造力を引き出すきっかけ

芸術の秋。アート展覧会や美術館へのおでかけでは、どんなことに注目していますか?

子どもたちを連れて行けそうな展覧会があればチェックして、お休みの日によく出かけます。子どもたちはお絵かきや工作が大好き! 自宅でもよく楽しんでいるので、体験型の展覧会に連れていきたいです。今はいろんなジャンルのアートに幅広くふれて、自分なりに好きなもの、得意なものを見つけてもらえたらいいなと思っています。和田家には、歌手として活躍するレミさんやイラストレーターの義父など、好きなことを仕事にする良き見本が身近にいるので、子どもたちもその影響を受けていますね。

interview_03-4.jpg

洋服は、色合いや素材感を大切にしたい

この秋、おでかけのときにどんな服を着てみたいですか?

私はもともと、秋特有の深みのある濃い色が好きなんです。夏が終わって秋が深まるにつれて、落ち着いた色味のアイテムが増えると、あぁもう秋なんだなと実感します。また季節ごとに素材感を感じられる服は、着心地もいいし表情を出せるところもいいですね。
あとは定番のデニムは欠かせません。

普段、家族でお出かけする時、コーディネートで意識していることがあれば教えてください。

基本的に先に子どもの服を選びます。私はできるだけそれになじんで、調和するようなイメージでしょうか。ほかのご家族を見ても、家族1人1人は個性的なスタイルなのに、不思議と調和がとれていて、家族としての雰囲気が出ているのは素敵だなと思うことがあります。ゆるくリンクしながらも、それぞれの個性をちゃんと大事にしたいですね。


食育インストラクター 和田明日香 さん

1987年、東京生まれ。3児の母。
7年前、キャベツとレタスの違いもわからないまま、料理愛好家・平野レミの次男と結婚。
コツコツ修行を重ね、食育インストラクターの資格を取得。
各メディアや企業へのレシピ提供など、食育インストラクターとして活動。
情報番組のコメンテーターやコラム執筆、CM出演など幅広く活躍する。
初のエッセイ「悩まない子育て」(ぴあ)好評発売中。