arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ ODEKAKE SNAP -おでかけスナップ

1日のゴールは、笑い合える食卓。

2018.03.26

夕方5時にはママに戻る。それが大事なマイルール。

3人のお子さんを育てながら、食育インストラクターやモデルとしても大活躍の和田明日香さん。普段どういう風に過ごしていらっしゃいますか?

1日の始まりはいつも、あっという間に過ぎてしまいます。実は、早起きが大の苦手なので、子どもたちを無事に送り出すのが精いっぱいですね(笑)

着替えに食事、登園準備。小さなお子さんがいると、朝は息つくヒマもないでしょう。

我が家では、私が朝食を準備している間に夫がお弁当を作ってくれるので、本当に助けられています。それに、慌ただしいながらも「やっぱり朝って好きだな」と思える瞬間があるんです。リビングに差しこむ光にぬくもりを感じたり、植物の新芽に気づいたり、淹れたての珈琲の香りを吸い込んだり......。朝の空気を五感で味わう。そのひとときを持つだけでも、1日に彩りが生まれるように思います。

平日は、どんなお仕事も必ず夕方5時で切り上げていると伺いました。

そうですね。家族だけではなく、私自身のためにも大事にしているルールです。5時には切り上げないと、みんなでゆっくりと晩ごはんを食べたり、日々の家事をスムーズに行うことが難しいように思います。

家族それぞれの "らしさ" が光る、楽しい食卓。

interview01_01.jpg

ライフスタイルの中心に明確なポリシーがあるからこそ、無理のない時間を過ごすことができるのでしょうか。

普段の暮らしのなかで、家族が自然にそろって会話できる機会って、我が家の場合、ごはんの時間くらいなんです。大皿を囲んでおかずを取り分けながら、同じ味覚でつながる。 みんなが思い思いに話す今日一番のエピソードに耳を傾けながら、"あなたらしいね" って笑い合う。晩ごはんは、私が特に大切にしている家族との時間です。

にぎやかな食卓が目に浮かびます。

洋服を選ぶときも、私1人でいる姿より、家族でごはんを食べているシーンを思い描くことが多いですね。この洋服を着たら、みんなと過ごすときにも、ちょうどいいバランスかな......なんて。ー いつもご家族に寄り添っていらっしゃるのですね。でも、「ママだから、こういうアイテムを着るのはやめておこう」という意識はまったくないですよ。むしろ、「ママになっても、好きなものは好き。だから着たいものを着よう」という思いを大切にしています。パパや子どもたちにも、それぞれに洋服の好みがあります。洋服も話題も一見するとバラバラのように見えるけど、さりげなく調和している......そんな家族に心地良さを感じますね。

理想はワードローブにすんなりと馴染んでくれる洋服。

interview01_02.jpg

ご自身は、いつ、どんな時に洋服を買われますか?

洋服選びは大好きです。でも、こういうアイテムが欲しいから、あのお店にいつ行こうという計画性はまったくないですね。1人の時間ができたときに街に出て、知らないお店でもふらっと立ち寄ることが多いです。「いいな!」と思ったら、直感にしたがって手にするようにしています。

どんな洋服に、ビビッときますか?

最近は、素材や質感、ちょっとしたシルエットの違いなどにも目を配るようになりました。また、「いま」を楽しむために遊び感覚で手に入れることもあるけれど、そういうお買い物はずいぶん減りました。基本的にはシンプルなデザインで、すでに持っている洋服と馴染んでくれそうなものに惹かれます。

コーディネートのヒントは、どんなところから?

完璧にスタイリングされたものより、街角スナップを見るのが好きです。「なるほど、この着こなしは新しい!」と思ったスタイルを参考にしています。リアリティがあるし、すぐに真似できそうですよね。インスタでは好きなブランドのアカウントもフォローしています。

その日その時の直感。だから、毎日がワクワク。

interview01_03.jpg

オフの日は、どんなところにお出かけするのですか?

近所の公園が多いですね。冷蔵庫に食材があればお弁当を作って出かけますし、手ぶらで行って、公園でひとしきり遊んでからランチスポットを決めることもあります。これも、その日その時の直感です(笑)。パパや子どもの洋服を買いに出かけることもありますよ。

何も決まっていないって、なんだかワクワクしますね。お休みの日の定番スタイルを教えてください。

Tシャツにデニムパンツ。やはりこれが一番落ち着きますね。でも、30代になってからは大人の女性を感じさせるアイテムも気になるようになりました。これまでカジュアルで通してきたけれど、子どもを抱っこする時間もずいぶん減りましたし、大人の女性に近づけるようなファッションを少しずつ取り入れていけたらいいなと思っています。これからの自分がどう変化していくか、その時々を楽しみながら毎日を過ごしていきたいですね。


食育インストラクター 和田明日香 さん

1987年4月17日生まれ。東京都出身。3児の母。
7年前、キャベツとレタスの違いもわからないまま、料理愛好家・平野レミの次男と結婚。
コツコツ修行を重ね、食育インストラクターの資格を取得。
各メディアでのレシピ紹介、企業へのレシピ提供など、食育インストラクターとして活動中のほか、情報番組のコメンテーターや、コラム執筆、CM出演など、幅広く活躍する。
初のエッセイ「悩まない子育て」(ぴあ)好評発売中。