arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

デジタル技術で遊びながら学べる!
Little Planet×XFLAG ダイバーシティ東京 プラザ

2019.06.12

近年、親子で遊べる施設が続々と登場しているお台場エリア。どこに行こうかと悩んでいたところ、ダイバーシティ東京 プラザに最新デジタル技術で遊べる次世代型テーマパークを発見! デジタルでもアナログでもゲームが大好きな息子は絶対気に入るはず、と確信を持ってお出かけしてきました。

砂を掘ると宝物が出てくる! AR砂遊びに熱中

xflag_02.jpg

まずは、映像が映し出される不思議な砂場『SAND PARTY! / AR砂遊び』へ。サラサラの砂で山を作ると花が咲いたりクマが歩いたり、掘ると川が流れて魚が泳いだり。砂の形状や深さにあわせて、映像がどんどん変わっていきます。

息子が特にハマったのが、"魔法のステッキ"を使った宝探し。 砂の上でかざして赤く光った場所を掘ると、宝箱や動物などの映像が飛び出してきます。モンスターストライクの人気キャラクター、オラゴンが出現すると、「やった!」とガッツポーズで大喜び!

xflag_03.jpg

他の子どもたちが火山を作っているのを見て、「どうやったら火山ができるのかな?」と問いかけてみたところ、「山のてっぺんに穴を掘ればいいんじゃない?」と息子。その通りにドリルを使って穴を掘ると、緑色だった山から赤い溶岩が流れ始め、火山に変身!

息子は「ほらね!」と満足した様子でした。

キューブパズルを使ったゲームで集中力がUP

xflag_04.jpg

続いて、『PUZZLE DUNGEON / 超集中穴掘りパズル』に挑戦。画面に現れた色・数字にあわせて手元のキューブパズルを動かし、一致するたびにオラゴンがドリルで穴を掘っていきます。

最初はルールが分からなくて戸惑っていた息子も、スタッフの方にやさしく教えていただくと夢中に!私も一緒にやってみましたが、映像を目で確認して瞬時に手を動かすのはかなり難しく、集中力が養われそうです。

デジタル紙相撲で1位を狙うコツとは?

xflag_05.jpg

こちらは、『PAPER RIKISHI / デジタル紙相撲』。用意されたイラストの中から好きなものを選んで色を塗り、スキャナーで取り込むと、画面にキャラクターとして登場! 他の参加者と一緒に対戦ゲームが楽しめます。

息子が選んだのはオラゴンのイラスト。何事にもゆっくりと丁寧に取り組む息子は、赤いクレヨンを握りしめてきっちりと塗りこんでいました。

xflag_06.jpg

そしていよいよ対戦。息子のオラゴン力士はあれよあれよと勝ち進み、なんと優勝! 実は力士の強さは、色や塗り方によって変化するのだそう。

どんな色を塗ると強くなるのかは秘密だそうですが、濃い赤色で隙間なく塗ったことも勝利につながるポイントだったのかも?

光と音のボールプールは、子どもの一番人気

xflag_07.jpg

「早くあれやろうよ!」と入場直後から興味津々だった『ZABOOM / 光と音のデジタルボールプール』。靴を脱いで靴箱に入れ、勢いよく飛び込んでいきました。

xflag_08.jpg

色とりどりに輝くボールプールは、まるで光の海のよう。大画面にはプロジェクションマッピングが映し出され、四角いブロックの部分にボールが命中して"スター"を集めるゲームも楽しめます。

ボール遊びが好きな息子は「すっごく楽しい!」 とハイテンション。思いっきり全身運動ができ、不安定なボールの上に立つことでバランス力も身につきそう。

楽しく遊びながら、算数のお勉強

xflag_09.jpg

小学校で算数の勉強をしている息子にぴったりのアトラクションが、『NUMBER SPLASH / デジタル算数パズル』。制限時間内にスティックを使って数字をつなげ、合計で10になると得点が入ります。より多くの数字をつなげるとハイスコアが狙えるので、息子も私も真剣そのもの!

クッキーをつなげるパズルは小さな子どもにおすすめ

xflag_10.jpg

趣向を凝らしたアトラクションは、どれも大人も本気で遊べるものばかり。親子で一緒に遊ぶひとときは、私にとっても楽しい経験となりました。ショッピングや映画鑑賞のついでに、気軽に立ち寄りたいスポットです。


Little Planet×XFLAG ダイバーシティ東京 プラザ

住所 東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ5階 52001
電話 03-5962-1514

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら