arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

広大な敷地でハイキング気分♪
動物たちの自然な姿に出会える多摩動物公園

2018.06.11

立川駅から約20分。ひろびろとした自然いっぱいの敷地の中での〜んびりと動物を観察できる、多摩動物公園に行ってきました。

実はここの動物園は、2歳のわんぱく娘含めた私たち家族全員のお気に入り。今回は、前回訪れた際に工事中で見ることができなかったキリンがお目当てです。

とにかく広いので、まずは見たい動物を決める!

tama-zoo_02.jpg

到着すると、リアルサイズのゾウさんがドーンとお出迎え。券売機で券を買って、正門をくぐったら園内マップを広げます。とにかく広くて、ぜんぶ見て回ろうとすると大変なので見たい動物を相談して絞り込み。とはいえ、娘は何を聞いても「キリンさん、きょうはみれるの〜!?」ばかり言っているのでキリン以外は母の独断でチョイス。

まずはふわふわのモルモットをおひざにのせてなでることができる「どんぐり広場」に向かいます。

tama-zoo_03.jpg

しかしモルモットとのふれあいコーナーの整理券は、この日は11時の時点ですでに配布終了...。その場にいた飼育員さんに伺ってみると、繁忙期には整理券をもらうための行列ができることもあるんですって。残念だったけれど、自由にモゾモゾしているモルモットたちを見るだけでも癒やされました〜。娘に「モルちゃんの抱っこは人気だからまた今度ね」と言うと、「そっかぁ〜、ばいばーい」とあっさり次の動物へ...。

オランウータンが空を横切る! 圧巻のスカイウォーク

tama-zoo_04.jpg

正門を背に、園の西端にあるオランウータンのところへ向かいます。オランウータンが高所のロープを移動する、定例イベント「スカイウォーク」が始まるのです。自然の地形を活かした多摩動物公園は高低差もあって、目的地に向かうまでもハイキング気分。

汗をかきかき登る母をよそに、娘の方は次々と出会う動物たちに興味津々。途中に出会ったサイに「こっちむいてぇ〜!」と話しかけています。

tama-zoo_05.jpg

オランウータン舎に着くと、スカイウォークを待つ人たちがたくさん集まってきていました。案内板には「特に誘導などは行いません。オランウータンの意思でスタートしますので時間ちょうどに移動しない場合もあります」と書いてあります。たしかに、時間になってもタワーに登ろうとしないオランウータン。

やきもきした娘が「おらうーたんさーん! のぼってぇ〜!」と叫ぶと、その声に反応したかのように、タワーに登りはじめてくれました。タワーの上でウンチをするというお茶目(!?)なシーンもお披露目しつつ、 おもむろにロープの方へ。

tama-zoo_06.jpg

先を子オランウータンが、後を親オランウータンが、ヒョイヒョイっと空を横切っていきます。「すごいねぇ〜」と見上げながらオランウータンの向かう方へ追いかけようとすると、娘は途中までで十分だったようで、ベビーカーを降り人だかりを後にして駆け抜けていきます。

まんまるコアラに癒やされたあと、広場でランチ

tama-zoo_07.jpg

たどりついたのはコアラ館。薄暗い屋内からじっと動かないコアラを眺めます。コアラが一瞬顔を上げた瞬間には、見ていた人たちが思わず声をあげていました。ただしこちらに顔を向けてくれることはなく、可愛らしいまんまるの背中に「またね〜」と挨拶をしてコアラ館を出ることに。

tama-zoo_08.jpg

コアラ館の下には売店と休憩所があったので、お昼ご飯として「焼きおにぎり弁当」と「フライドポテト」を調達。「コアラ弁当」という、ごはんがコアラのお顔になっているかわいいお弁当もあったのですが、2歳児の食べやすさを優先してこちらにしました。卵も野菜も入っていて母としてはありがたかったです。カンガルー広場のテーブル席で食べたのですが、芝生の方ではレジャーシートを敷いて持参したお弁当を食べている小学生グループも見かけましたよ。

tama-zoo_09.jpg

カンガルー広場には子カンガルーみたいになって写真が撮れるスポットも。この後ホンモノのアカカンガルーを見たけれどみんなダラ〜ンとしていて、この写真のように起き上がっているカンガルーはいませんでした。徹底したダラダラ具合に私は思わずうらやましくなりましたが、娘は短時間で切り上げ、ズンズン進んでいきます。

マイペースなキリンたちのもぐもぐタイムに遭遇

tama-zoo_11.jpg

最後に、今回のお目当てだったキリンに会いに行きました。ひろびろとした敷地に、たくさんのキリンが群れをなしています。多摩動物公園の動物たちはみんな、このキリンのようにいつ見てもゆったり。のんびりと穏やかに見ることができるので、私はこの動物園が大好きです。

ほかにもたくさんの動物がいたけれど、この日はこれにて終了。

娘にとってもいい思い出になったようで、翌日を過ぎても「カンガルー、ねてたね〜」「サイさん、おきてたよね〜」とたくさんの話をしてくれます。

広い園内は1日ですべて巡るのは難しいので、見たい動物を相談して決めること、もしくは「また来よう!」と約束をすることが必須です。そんな親子のコミュニケーションも楽しい多摩動物公園。お天気のいい日にぜひ、お出かけしてみては。足元は歩きやすいスニーカーがオススメです!



多摩動物公園



住所 東京都日野市程久保7-1-1
電話 042-591-1611

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら