arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

大きなもみの木の元で森林浴!
もみのき森林公園

2019.07.10

広島県廿日市市吉和の「もみのき森林公園」は、森林浴の森100選にも選ばれた広大な森林公園です。アスレチックや川遊びを思い切り楽しみたい!と、息子にはサラッとした素材で動きやすいショートパンツ、私はシックなレモン柄のおそろいのカットソーをチョイス。親子のおでかけにぴったりなリンクコーデでいざ出発! 清々しいもみのき森林公園へ、4歳の息子と遊びに行ってきました。

まずは人気スポット! アスレチックコース・わんぱくの森へ

mominoki_02.jpg

もみのき森林公園に行ったらぜひ行きたいのが、「アスレチックコース わんぱくの森」。木漏れ日の気持ちよい森の中、32のアスレチックが楽しめます。一周まわる時間の目安は、およそ1時間。中には難易度の高い小学生向けのものもありますが、4歳の息子でもしっかりと楽しめるコースばかり♪

歩くと足元の丸太がグラグラと揺れてる「グラグラ橋」はスリリング! 両脇に手すりの丸太があるので、小さい子どもでも渡れます♪ グラグラ橋のほかに、もっと難易度の高い「ゆらゆら吊り橋」もあって、息子はスリル満点の揺れる吊り橋を上手に渡っていました。

mominoki_03.jpg

森の斜面に沿って設置された「くもの巣登り」は、高いところが苦手な子は怖いかも?な、大型アスレチック。しかし怖いもの知らずの息子は、しっかりとした足取りでくもの巣登りをズンズン! なかなかの余裕っぷりです。

mominoki_04.jpg

自分でできることは自分でしたい息子。ちょっと危ないから手を貸したい...と母が思う場面でも「自分でできるから、ママは見ていて!」と強気。内心ひやひやしながら見守る場面もありましたが、息子は自分の力でしっかりとアスレチックコースを楽しんでいました。

難しいコースは「怖い!」と途中で諦めることもあったけど、ずいぶんたくましくなったなぁ!アスレチックコースで見られたのは、息子の楽しそうな笑顔とたくさんの成長でした♪

暑い季節はハズせない!「流れの遊び場」でひんやり水遊び

mominoki_05.jpg

アスレチックコースを回ったあとは、暑い季節に欠かせない水遊びスポット「流れの遊び場」へ。浅く作られた人工池では、小さい子どもも安心して遊べます♪ 夏休みには魚のつかみ取りイベントが開催されて、たくさんの親子で賑わいます。

mominoki_06.jpg

流れの遊び場の横には自然の小川が流れています。川底の石をひっくり返すと、ヤゴなどの水辺の生き物が! 川辺を飛ぶトンボも多く見られ、「トンボの赤ちゃんだ~」とヤゴ探しに夢中に(笑)。水辺の生き物探しが楽しめるのも、自然の川の魅力ですね。

森の中を颯爽と走る!レンタサイクルが気持ち良い♪

mominoki_07.jpg

もみのき森林公園の人気アクティビティ、まだまだあるんです!

週末には予約待ちになることもあるレンタサイクルで、森の中のサイクリングロードも走ってみました。1周約6.2キロのサイクリングロードは、アップダウンのある本格コース。今回借りたのは子どもと二人乗りできる電動アシスト自転車。アップダウンもへっちゃらの快適サイクリングで、森の中を颯爽と走るのはとっても気持ちよかったです♪

mominoki_08.jpg

ほかにもたくさんの自転車がそろうレンタサイクル。子ども用の自転車は18インチからあって、大人は本格的なロードバイクもレンタルできます。

冬はソリ遊びも楽しめる! 「芝生広場」は雪遊びの人気スポット

mominoki_09.jpg

夏は青々と茂る芝生広場は、冬には格好のソリ遊びスポットへ様変わりするんです! 雪の積もる冬に訪れてみたいなぁ〜と思いながら、緑の草原で野の花摘みを楽しみました。

夏は、もみのきの群生する「県立もみのき森林公園」で森林浴♪

mominoki_10.jpg

大きなもみの木があちこちにあるもみのき森林公園は、大きな自然に抱かれ心身ともにリフレッシュできる森林浴スポット。今回紹介したほかにも、オートキャンプやデイキャンプ、豊かな湿原などのあるもみのき森林公園の楽しみ方は多彩です。

二度三度と訪れたくなる、県立もみのき森林公園へ週末レジャーを満喫しに出かけてみてはいかがでしょうか。



県立もみの木森林公園



住所 広島県廿日市市吉和1593-75
電話 0829-77-2011

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら