arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

全身をめいっぱい使って、遊びながら防災を学べる!
KIBOTCHA(キボッチャ)

2019.11.12

5歳になり、テレビのニュースを見ながら、災害時の行動を一緒に考えることも出来るようになってきた息子。防災について教えたいなと思っていましたが、まだまだ幼い子どもには、難しい話よりも楽しい経験の方が心に残るもの。そこで訪れたのが、仙台市中心部から車で約30分の東松島市にあるKIBOTCHA(キボッチャ)。子どもから大人まで、楽しく防災を学ぼうというコンセプトの防災体験学習型施設です。

避難の際に必要な体の使い方を自然に身に付けられる!

ph2.jpg

まずは、アスレチックがたくさん並ぶ遊具スペースへ。ここには、山、町、海をイメージした遊具が並んでいます。遊ぶ中から、くぐる、よじ登る、滑り降りるなど、避難の際に必要な体の使い方を自然に身に付けられる仕組みになっています。部屋に入った途端、「やったー!」と謎の喜びの声を叫びながら走り出す息子。避難時のスタートダッシュは問題なさそうです(笑)

ph3.jpg

山をモチーフにした遊具では、ロープを手繰りながら、勢いよく登っていきます。頂上は「救助を待つヘリポート」という設定になっていますが、登ってすぐに滑り台で降りてくる息子。滑り台は避難シューターを想定して、スピードがでるようになっているので「これ、すごいはや~い!」と大はしゃぎです。

ph4.jpg

このアスレチックは、子どもだけじゃなく、大人も一緒に利用OK。「お母さんも登っておいでよ!」と誘われ、明日の筋肉痛を心配しながら、私も一緒に楽しんでみました。
遊具はすべて子ども向けサイズなので、最初は余裕を見せていましたが、普段とはまったく違う体の使い方で、想像以上に難しさを感じます。「ほら、僕が引っ張ってあげるから」と息子に気遣われる一幕も...。

ph5.jpg

「津波の恐れがある時は高台へ」など、アスレチックに込められた避難時の動きを伝えつつ、すべての遊具を一緒に巡ります。
無限の体力を誇る5歳に励まされつつ、全身を動かして避難行動に必要な身のこなしを体験することができました。そろそろ私の体力が限界に近付いたので、息子を誘って次のゾーンに移動です。

災害時のさまざまなシーンで役立つ体験がたくさん

ph6.jpg

学習ルームでは、非常時に役立つさまざまな知識を、実際に体験しながら学ぶことができます。
まず息子が体験したのは、「ほふく前進」。これはがれきや煙、砂埃などの下を避難の際に、求められる動きの一つ。手と足の動きをスタッフの方に教えてもらいながら、ズリズリと進んでいきます。「上手だね!すごい!」と褒めてもらうと、「もう一回やってみる!」とやる気満々になっていました。

ph7_1.jpg

災害時のさまざまなシーンで役立つロープワークでは、5歳でも簡単にできてほどけにくい結び方を教えてもらいました。息子は「これから家で何かまとめる時は、僕に頼んでね!」と、得意気に荷造り隊長宣言をするほどロープワークが気に入った様子です。

子どもの目線で、命の尊さを考えられる工夫も!

ph8.jpg

次はシアタールームへ。東松島市の豊かな自然、歴史、そして東日本大震災の被害とそこからの復興を伝える映像を鑑賞します。
息子は、海の美しさ、防災の大切さ、命の尊さを、幼いながらにも感じている様子で、真剣に映像に見入っています。私も、自宅での備えや家族の連絡方法の共有など、もう一度見直さなければと、防災への思いを新たにしました。

ph9.jpg

時間もお昼に近づき、お腹が空いたのでレストランへ。息子はキッズプレート、私は日替わり定食をいただきます!
キッズプレートには、唐揚げやフライドポテトなど、子どもが喜ぶメニューがずらり。日替わり定食は、東松島市産、宮城県産の食材を中心にした和食が種類豊富に並び、私もにっこり。「これ、何が入ってるのかなぁ」と、親子で会話しながら楽しいランチタイムを過ごせました。

さまざまな体験から、家族みんなで考えるきっかけに

ph10.jpg

KIBOTCHAには、日帰りで利用できる大浴場や宿泊施設もあるので、東松島市の観光を兼ねてゆっくり訪れても楽しそう。息子も「また来たい!」と大喜びだったので、今度は家族みんなでお風呂にも入る約束をしました。
幼い子どもに教えることは大切かつ難しい側面がある『防災』。こういった施設を通して、親子で一緒に楽しく学び、日常的に考えながら過ごしていきたいなと思いました。
ちなみに子どもたちは思いっきり体を動かせるよう、脱ぎ着しやすい服装で行くことをおすすめします!



KIBOTCHA



住所 宮城県東松島市野蒜字亀岡80
電話 0225-25-7319

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら