arnold palmer
arnold palmer

ONLINE SHOP

APT MAG APT MAG

夫婦で仕事をしているからこそお互い大変な時に助け合える

2019.07.17

森田さんファミリー

大阪府豊中市でご主人と美容院「Jardan(ジャルダン)」を経営する森田夏貴さんは、ご主人と小学3年生の男の子、5歳の女の子の4人家族。森田さんは元保育士で、第二子出産直後、美容師の資格を取得するため学校に通い見事美容師の資格を取得!今や美容師としても活躍しています。美容師に転身しようとしたきっかけや、夫婦でお店を開いて気づいたことなどお話をお聞きしました。

結婚前から話していた「2人でいつか美容院をオープンしよう」という夢が実現

190624t.029ma.jpg

私はもともと保育士。美容師である主人とお付き合いをしていた頃、「いつか2人でキッズスペースなど保育要素のある美容室ができたらいいね」と将来の夢を話していました。 その後10年のうちに、主人と結婚し、いろいろなご縁があり、住宅街である今の場所に美容室をオープンすることに!元保育士として、近隣のファミリーのお客様向けにキッズスペースやゆったりくつろげるディスプレイなどをしつらえ、夫婦でお店を始めました。

190624t.012ma.jpg

美容師としてお客様に向き合う主人やスタッフを見ているうちに、「美容師の資格を私も取り、よりお客様の近くで接客したい」という思いが強くなり、第二子出産直後、今しかない!と美容師の専門学校に入学。母や主人、子どもたちの応援もあり、無事美容師の資格を取ることができました。家族みんなのサポートがあったからこそ、あの時頑張れたなぁ、と今も家族に感謝しています。

1シーズンに1度は家族でドライブ旅行!

190624t.069ma.jpg

主人と経営する美容室も今年なんと8周年。日々仕事に追われがちな私たちの息抜きは、何と言っても家族旅行です! 子どもが小さい時から1シーズンに1度はドライブ旅行を楽しんでいます。主人が行き先を選ぶ役で、子どもの成長に応じて旅行先でできるアクティビティを考えてくれます。
最近行ったのは南紀白浜。パンダを見たり、美味しいものを食べたり。息子は思春期に入りかけており最近シャイになっているので、普段できないスキンシップをこの時ばかりは満喫しました(笑)。

夫婦一緒で現場にいるからこそ、お互い「どうしてほしいか」がわかる

190624t.079ma.jpg

よくお客様や周りの方から、「夫婦24時間一緒にいたら大変でしょう?」と言われることがありますが、我が家の場合は全く違います。その秘訣は、オンとオフをきちんと切り替えられているから。美容室では、主人を「店長」と呼び、私も旧姓で呼ばれますし、敬語で会話をします。
家庭では、主人は店長風を吹かすことは一切しませんし、むしろ仕事中に私がいっぱいいっぱいになっている時に、それを感じた主人が仕事終わりに一人時間をくれたり、家事をしてくれたり、気分転換をさせてくれます。 仕事を一緒にしているからこそ、お互いが今どんな状況でどうしてほしいかがわかる。夫婦で仕事をする醍醐味を楽しんでいます。

子どもの夢が叶う新しいスタイルのお店にしたい

190624t.062ma.jpg

子どもたちには、それぞれ将来の夢があります。 息子は料理やお菓子作りにとても興味があり、パティシエになるのが将来の夢。そして娘の夢は美容師なんです。
いつか息子が作ったお菓子でお客様をおもてなししたり、娘が美容師になってお店を手伝ってくれたり。家族みんなの好きなことや得意なことでお客様に満足していただける新しいスタイルの美容室ができたら最高ですね!

森田夏貴さんのインスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/natsuki_jardan/